サイバーセキュリティ法制学会

学会概要

理事長挨拶

理事長写真

「サイバーセキュリティ法制学会」のホーム・ページへ、ようこそ。
当学会は、2019年4月1日から活動を開始した、新しい学会です。しかし、それ以前に「サイバーセキュリティ法制研究会」という名称で同様の活動を続けていましたので、それを含めれば5年余りの歴史があります。
主たる研究領域は、サイバーセキュリティの法制度面の考察ですが、セキュリティ問題は種々の視点から眺める必要があるので、狭い意味の「法制」にとどまることなく、技術も経営も心理学もリスク管理も、何らかの形でサイバーセキュリティに関係があれば、遠慮される必要はありません。会員には個人会員と団体会員がありますので、サイバーセキュリティの重要性をご理解いただき、何らかの形で研究してみようという意欲のある方や団体なら歓迎です。
現在の主たる活動は、隔月開催が定例化している研究会で、通常は土曜日午前に実施していますので、働きながら研究にも関心がある、という方や団体にもご参加いただけます。毎回特定のテーマを設定していますが、ごく最近のものとしては「フェイク・ニュースとセキュリティ」、「米国サイバーセキュリティ戦略における前方防衛」、「暗号通貨とセキュリティ」、「各省庁のサイバーセキュリティ重点施策」などがあります。
土曜日開催にもかかわらず、毎回参加者が増えているのは、テーマへの関心もさることながら、セキュリティ・コミュニティとしての人的交流に、価値を見出している方が多いことも示しています。当学会も、年に2度ほどは懇親の場を設けて、交流を促進しています。サイバー空間を研究しつつ、実空間での交流も進めるという形で、サイバー・フィジカル融合を実践している当学会に、関心を持っていただけると幸いです。

以上

2020年4月1日
理事長 林 紘一郎(情報セキュリティ大学院大学・名誉教授)

設立日
2019年2月2日
設立目的
本学会は、サイバーセキュリティ法制に関する総合的、学際的な研究、調査及びその研究者相互の
協力を促進し、もってサイバー空間の健全な発展に貢献することを目的とする。
規約
詳細はこちら
役員名簿
理事長

林紘一郎 情報セキュリティ大学院大学 名誉教授

副理事長

永野秀雄 法政大学人間環境学部 教授

専務理事

湯淺墾道 明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科 教授

理事

伊東寛 国立研究開発法人情報通信研究機構 主席研究員
神納祐一郎 三菱重工業株式会社 技術戦略推進室 フェローアドバイザー
小山覚 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 情報セキュリティ部 部長
四方光 中央大学法学部 教授
茂田忠良 日本大学危機管理学部 教授
田中達浩 株式会社富士通システム統合研究所 主席研究員
土屋大洋 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授
中谷和弘 東京大学法学部 教授
原田泉 株式会社国際社会経済研究所 上席研究員
前田雅英 東京都立大学法科大学院 兼任教授

監事

桑原俊 内閣官房 内閣サイバーセキュリティセンター 上席サイバーセキュリティ分析官
高橋郁夫 駒澤綜合法律事務所 弁護士

個人会員数
約100名 (2020年1月末現在)
団体会員名
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
株式会社KDDI総合研究所
情報セキュリティ大学院大学
日本電気株式会社
日本マイクロソフト株式会社
三菱重工業株式会社